沖縄本島に有感地震
2008年4月8日
俗に沖縄には火山がないから地震がないと言われる。しかしこれには、加藤祐三琉球大学名誉教授をはじめ専門家からは疑いがもたれています。折からこの4月7日、沖縄本島南部付近で二つの有感地震が発生し、地元紙に報じられました。注意が必要と思われます。   4月7日朝沖縄本島南部付近でマグニチュード3.7(深さ50 km)の地震が発生。昼頃には、久......
[記事を読む]
八丈島付近の通常地震活動について
2007年11月23日
最近の八丈島付近の地震活動は、火山活動を示すパターンに酷似しています。これについて考察してみたいと思います。     図1は、富士山噴火と南海トラフのいわゆる海溝型巨大地震との関係を示したものです。噴火資料は理科年表からとりました。 ここでは、?付きの噴火は省かせていただきました。   富士......
[記事を読む]
伊豆大島は噴火するか、また地震は?
2007年10月22日
2000年に三宅島が大噴火活動を行った。前回1983年噴火の際は、3年後に伊豆大島火山の大噴火が行われた。では、今回はどうなのか、地元から不安の 声も出ている。また、1950年伊豆大島噴火の3年後房総沖地震(M7.4)が発生した。それでは地震はどうなのか。検討が必要と思われる。   図1は、三宅島火山近傍の通常地震活動をみる図です。例に......
[記事を読む]
石垣島南方沖に大地震の目は発生しているか
2007年10月18日
沖縄県津波・高潮被害想定検討委員会が、M8 クラスの地震が石垣島南方沖で起きたと想定したら25m超の大津波が発生する、という調査結果が報告された旨地元紙(10月16日付け)で伝えられまし た。これは1771年に発生した、ギネスに載る世界最大級の大津波を想定しての試算と思われます。では、そこに現在大地震の目(アイ)ができているので しょうか。  ......
[記事を読む]
首都に真性のドーナツアイはない!?
2007年10月12日
私には、A〜C3つのドーナツアイ(のようなもの)が首都圏に認められる。この中のAは、中央防災会議が、発生する蓋然性が高くかつもっとも甚大な被害が予想されるものとしてあげている「東京湾北部地震」発生域と重なる部分が多い。そこは真性のアイなのか?   現在首都圏には、私が見て将来大地震の震源域になりそうな、いわゆるドーナツアイ(地震の目)の......
[記事を読む]
2007年10月6日、神奈川県西部にまた地震-富士火山との関係は?
2007年10月9日
   図1(上図) は、気象庁|地震・津波サイトの”最近の深度1以上を観測した地震”(http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/shindo_db/db_map/index0.html )の”2007年10月1日02:21:14.4の震度分布図である。 この付近でまた地震が発生。東京国分寺震度......
[記事を読む]
地底湖の入り口現わる?
2007年8月25日
  この写真は、つきしろ地底湖(?)の入り口の一つと推定される竪穴です。先に紹介したジーブ洞とは違います。2007年8月24日(金)に、木村(政)、小森、木村(美)で観察しました。 前回の観察では、地表から10 mほど下は水であふれていましたが、今回は写真でわかるように、地底の石灰岩が現れていました。   上の写......
[記事を読む]
2007年8月18日の千葉県東部の地震活動について
2007年8月18日
  上の図は、今年6 月18日のブログに示したものです。今回の地震およびこれに関連する地震活動は、図のドーナツの南側部分の活動に当たるように見えます。6月18日では、 ドーナツの中心に地震の目(白星印)ができているのではないかということを指摘しました。そうであるとすると、その付近でより大きな地震によりエネルギー を発散する可能性はまだ......
[記事を読む]
2007年8月15日のペルー地震(M7.5)
2007年8月18日
今回の地震は、M8 とも言われ巨大地震と言っても良さそうだ。甚大な被害をもたらした地震ですが、ペルー南部からチリ北部にかけては、1913年にM7.75の大地震が発生 したが、その前にウビナス(Ubinas)火山の噴火活動が活発化していた(木村、1978)*。 実は今回の地震の前にも同火山の活動が活発化していた。そればかりでなく、北米ではセントヘ......
[記事を読む]
ジーブ洞鍾乳洞探検
2007年7月29日
  日本屈指のシカ化石が産出する、沖縄県南城市のジーブ洞探検が行われた。化石はもちろん石の持ち出しは厳禁だ!これは、月代の街の福島自治会長のアイデア で、子供を中心とした学習会です。木村が協力しました。それは、過去にこの付近に地震があったかどうかもわかるからです。     ここがジーブ道の......
[記事を読む]