2009年12月からの伊豆半島東方沖の地震活動とその意義
2010年1月4日
2009年12月17日から伊豆半島の付け根の伊東市沖付近で、小規模の地震活動が続発しはじめました。駿河湾でM6.5の被害地震があった後なので、心配の声もきかれます。私は、これは地震学的に重要な意味を持つものと推定しています。   下図は、東海沖の地震活動を示した図です。気象庁の震源データを用いています。ここに示す図はすべて深さ100km......
[記事を読む]
2009年10月30日、奄美大島北方でM6.9発生の意義
2009年11月1日
深さ30kmで発生したものであるから、フィリピン海プレートのものではない。このすぐ南に予想されている奄美大島の被害地震との関係が気になります。   南西諸島をのせるユーラシア・プレート内で発生した、いわゆる直下型です。 これが陸域で発生したら大被害が生じた可能性があります。 私は、この地震が奄美大島付近に予想されていた地震......
[記事を読む]
2009年スマトラ地震 (7.9)の目
2009年10月2日
  サモアの地震に引き続いて2009年9月30日、スマトラ島南部でM7.9の巨大地震が発生(QEDによる)、またまた大被害が出た。この地震にも2006年までのISC(世界地震センター)の震源データを見ると、大地震の前兆と見られる”地震の目”の発生が認められます。   図1は、ISCのデータを解析したものです。M5......
[記事を読む]
サモア巨大地震発生。事前に地震の目はあった!
2009年9月30日
utc.時間、2009年9月29日、サモア諸島近海でM7.9の地震が発生した。これは、いきなり発生したものではなかった。30年ほど前から、地震の 目が発達してきた物であった(図1)。これを他山の石として、本邦の地震・津波発生に関して事前にキャッチする努力は怠るべきでないと思われます。......
[記事を読む]
Tokyo earthquake
2009年9月6日
首都圏も震災に遭う可能性があると専門家が警告しても、具体的に見えていないと対処できません。基礎研究の立場からは、どのような見方ができるのでしょうか。     図1(上図)のベースになっている図は、1960年以降発生したM6.5以上の大地震震央を示したものです。そのような地震が発生していない場所を第1種空白域とみな......
[記事を読む]
首都圏付近の地震・噴火
2009年9月4日
    上図は、2009年9月4日付け週間ポストに描かれた図です。そこでは、3名の専門家が指摘する危険区域が関東南部に集中するので、要注意という指摘でした。一見バラバラに見えるこの指摘が、実は整然とつながります。   下図は、地震の目と噴火と地震の関係から推計した、首都圏付近の地震噴火の関係です。......
[記事を読む]
Big earthquake (M7.0) off Java
2009年9月3日
  インドネシア・ジャワ島バンドン南方95キロで、9月2日午後4時55分(現地時間)M7.0 (USGS )の地震発生。この東方に少なくとも2つの巨大地震の目が発生しているので心配です。    この地震では、使者35人、数千人が避難する大被害が発生した。家屋被害3500棟に拡大と心配されている。この地......
[記事を読む]
東海地震は起こらなくてよい
2009年8月28日
本ブログ8月24日付けで、東海地震が今度の南海トラフ型巨大地震発生のサイクルと重なって発生する可能性を示しましたが、そうではない可能性が出てきました。     図1によると、南海トラフ型巨大地震シリーズと富士噴火の組み合わせで、過去にI期とII期に区別できます。1944年南海地震以降、富士噴火はないが、同じ時期に......
[記事を読む]
新たな噴火と地震が加わりました
2009年8月24日
2009年8月11日の静岡県沖地震(M6.5)の発生により、日本列島中央部に火山と地震予測のデータが加わりました。   [caption id="attachment_637" align="aligncenter" width="480"] 地震・噴火予測図[/caption]     駿河湾で8......
[記事を読む]
富士山はいつ噴火するのか
2009年8月23日
  富士山は活火山でありいつかは噴火すると多くのヒトが思っている。しかし、いつ噴火するのかと言うことについては定説がない。富士山に”噴火の目”ができているとすると、Xデーについての可能性を議論できるようになる。     上の第1図は、富士山の長期的活動を示しています。長い間活動する期間と休む期間が......
[記事を読む]