オリンピックまでに中国北東部に巨大地震はおこらない
2008年5月24日
市仙台地震後、地震活動が北上しないか心配されている。公表されたデータ(図に使用したもの)を見る限りは、しばらくは心配なさそうです。   図伊波、中国の大地震と周辺の火山活動との関係を示します。赤い太線は主噴火(P2)を示し、地震データは力武(1999)に補いました。     図1は、赤は火山......
[記事を読む]
予想されるサイスミック・アイ
2008年5月20日
今中国で予想されるB型地震空白域について考察します。四川大地震前のそれと良く似た現象が認められるように思えます。   2008年四川大地震後、中国の地震活動はどのような動向を示すのでしょうか。今日は、それについて検討してみたいと思います。   図1は、M6.5以上の地震活動を示しています。円で囲ったところに......
[記事を読む]
2008年四川大地震(M8.0)のサイスミック・アイ
2008年5月19日
2008年5月12日午後2時半に中国四川省で発生した”四川大地震”は、M.8.0に更新されました。左図は、事前に発生していた”地震の目”の活動を示すグラフですが、地震後の余震の分布とほぼ一致することがわかりました。   図1は、大地震前の通常地震活動を示したものです。これによると、ある地域に集中して地震活動が活発になったのは、北の方でし......
[記事を読む]
2008年5月12日、四川省大地震発生
2008年5月17日
2008年5月12日午後2時半(日本時間午後3時半),中国四川省でM.7.9の地震発生。図の白矢印の先の青丸。木村『大地震の前兆をとらえた!』(2008)にプロットしたもの。大地震前に、地震の目“サイスミック・アイ”はあったのか。   私の指摘では、世界のM6.5以上の地震発生の前には地震の目”サイスミック・アイ”と称するものが......
[記事を読む]
2008年5月8-9日の地震は茨城沖空白域で発生
2008年5月9日
  2008年5月8日の地震はマグニチュード7に更新された。それとその余震域は、拙著『大地震の前兆をとらえた』の口絵に示した、茨城県南部空白域(『次 に来る大地震は○○だ!』)の中の地震の目”サイスミック・アイ”付近及び中で発生していることが明らかとなりました(上図参照)。   2008 年5月8日午前1時45分......
[記事を読む]
2008年5月8日茨城県で震度5弱
2008年5月8日
    本日 2008年8月8日01:46,水戸東方沖でM7.0,茨城震度5弱、東京震度3の地震が、本図の③茨城沖空白域で発生しました。 今後、首都圏地震との関係を検討すべきと思われます。   今回の地震は、下記の図の鹿島灘沖空白域で発生しました。予想年は、2008年プレスマイナス5年、マグニチュ......
[記事を読む]
2008年4月28日宮古島で震度4
2008年4月28日
28日、宮古島は震度4の地震に見舞われたが、なぜこの付近で近年地震活動が活発なのでしょうか。それは、宮古島付近が第2種B型空白域に入っているから と思われます。しかし今回の地震は、宮古島付近にできたサイスミック・リング内での活動と思われる。今後、サイスミック・アイでの大地震の発生が気にかか る。   気象庁によると、2008年4月28日......
[記事を読む]
4月18日沖縄本島付近にまた有感
2008年4月19日
    4月7日に沖縄本島に有感地震があったばかりですが、またありました。しかし今度のはサイスミック・アイの中で発生した可能性が強いものがあります。サイスミック・アイと言えば、将来大地震が発生するとすれば、この付近に発生する可能性があるものです。   この付近の本震は、今月末に発売される予定の新著......
[記事を読む]
2008年4月8日桜島小噴火と九州中部の地震
2008年4月10日
夜景をバックに真っ赤な火を噴く桜島の噴火光景が夜のテレビに映し出されました。そのニュースでは、これは本格的な噴火にはならないでしょうと言う気象庁のコメントを伝えて終わっていました。しかし、1999年が桜島の主噴火(P2)とすると、気になることがあります。   この噴火がP3とすると、P3とは地下を含んだ火山活動期の締めくくりを示す噴火で......
[記事を読む]
首都圏(茨城県南部)に有感地震
2008年4月8日
しばらく静かだった首都圏。茨城県南部に4月6日、マグニチュード3.5-4.3の地震が続発した。図中の×印の所。これは何かのシグナルなのでしょうか、それとも偶発的なものなのでしょうか。   2008 年6月6日21時-23時のあいだに3回地震がありました(図1中の×印)。気象庁によると、マグニチュード3.5-4.3です。マグニチュード3以......
[記事を読む]