西之島火山の溶岩流出は止まるのか?
2015年6月6日
  昨年、2014年6月19日の記事において、西之島の溶岩流出後の大地震の発生を警告しました。それが、本年5月30日のM8.1の地震にあたると思われます。   この地震により、西之島火山の溶岩流出は停止に向かうものと予想されます。......
[記事を読む]
箱根火山の噴火の目
2015年5月8日
  箱根火山の噴火の目(?)が出ています。注意が必要と思われます。震源データは、気象庁のM"0"以上を使用。  ......
[記事を読む]
伊豆大島三原山、2015年現在の噴火口内の様子
2015年3月8日
2015年3月6日12時、伊豆大島近海で震度3の火山性地震と思われる地震がありました。 木村著『次に来る噴火・大地震』(2015年1月・青春出版社刊)のP.29の図3に伊豆大島三原山の噴火と大地震との関係を示しています。 『火口底の高度(マグマの頭位)が、海抜400mになると大噴火となる。2014年現在、三原山の火口底は下がりきっていないので、噴......
[記事を読む]
新刊のお知らせです。
2015年1月2日
青春出版社 青春新書より"緊急警告 次に来る噴火・大地震 (青春新書プレイブックス)"が1月1日発刊されました。 [amazonjs asin="4413210301" locale="JP" title="緊急警告 次に来る噴火・大地震 (青春新書プレイブックス)"]......
[記事を読む]
2014年11月22日長野北部地震、地震の目と予測年について
2014年12月1日
(図1)2014年11月22日の”長野県北部地震(M6.7)”前の地震活動(M0以上)、 震源データは気象庁による。   図1は、”長野県北部地震”前の通常地震活動を、気象庁の震源データにより解析したものです。マグニチュード(M)0以上の震源データを用いて解析した結果、2014年の”長野県北部地震(M6.7)”は、本震発生以前に形成さ......
[記事を読む]
2014年11月22日に長野県北部でM6.7の大地震
2014年11月24日
2014年11月22日に長野県北部でM6.7の大地震が起こりました。   長野県には空白域が存在していたので、拙著でも複数冊にわたり取りあげており、以前から危惧をしていた場所の一つではありましたが、内陸型の地震は予測が難しいこともあり、発生時期を限定せずに警告程度にとどめておりました。今後、震源地で地震の目が出来ていたのかなどの分析を行......
[記事を読む]
御嶽山の噴火時期の推定方法
2014年10月2日
  今回の御嶽山の噴火について、以下の二枚の図を用いることで時期を予測出来ました。   [caption id="attachment_1062" align="aligncenter" width="480"] 御嶽山 ”噴火の目”(通常は体に感じないM=0以上の地震をプロットしたもの)[/caption] &n......
[記事を読む]
御嶽山の噴火予測について
2014年9月28日
2014年9月27日、御嶽山で噴火が発生しました。   今後、HP上でも触れようと思いますが、マスコミ関係からの取材等もありますので、少し間があいてしまうかもしれません。   拙著『東海地震も関東大地震も起きない!』(宝島社、2013年刊)の109−110ページに、御嶽山の噴火を2013年±4年と予測しておりました......
[記事を読む]
TV出演のお知らせ
2014年7月19日
テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」に出演いたしました。   TVタックルHP 「首都直下地震&富士山大噴火Xデー検証SP」   2014年7月21日 よる11時15分から放送予定となっておりますので、興味を持たれた方はご覧頂ければと思います。......
[記事を読む]
西之島新島、噴火による国土の拡大-防災も忘れずに-
2014年6月19日
  大正時代の1922年に、伊豆大島で溶岩が流出した噴火がありました(著者の定義による”P3噴火”)。その翌年の1923年に関東大地震が発生したことは、専門家に知られています。   一方最近の2013-14年にかけて、同じ伊豆-小笠原諸島の南部にある”西之島”の新島で溶岩流出をする噴火がありました。この溶岩が島の......
[記事を読む]